海外出張リペア


2009年2月

かれこれ今回で8回目の渡仏。
そして、スイスからの依頼もあり、チューリッヒでも仕事して来ました。

2月23日 パリ到着、パリ滞在は2月28日まで。
 
ルマリエさん宅にて留学生の大西さんと

パリではサックス・フルート・オーボエの修理を計30本ほどの修理しました。


ルマリエさん宅にてご馳走になった海鮮盛り合わせ。
パリに行くと必ず食べるほどの大好物です。
3月1日

シャルルドゴール空港からCITY−JETに乗ってチュリッヒヘ
3月1日到着後すぐにホテルにてオーボエの調整。

留学生の大西さんとスペインからの留学生のエレナさん。


2005年9月

初仕事、オーボエの留学生 kさんとNさん。
パリの定宿「Laumiere Hotel」にて。
オーボエ・サックスの留学生の方たちとのランチ。
テーブルの中央は大好物の「海のフルーツ盛り合わせ」。
牡蠣・海老・巻貝などてんこ盛り。前菜はエスカルゴ。

大変おいしかったです。
最終日、出発のぎりぎり最後の修理品。
クランポン:プレスティージ
ジャン・ルデュー氏所有の楽器です。
かなりの本数の中から選定した楽器だけあって、
かなり状態が良い。
修理完了後、パリでの最後のランチ。
これがまた「セ トレ ボン」とてもおいしく、量もちょうど良い。
日本人にはお勧めです。ちなみに前菜がオマールえび、
メインがポークの煮込み。
食後すぐに空港までタクシーで直行。
無事に帰国しました。

2005年3月


↑窓の外に見えるのはパリのアパートメント
2005年3月5日から10日までパリにて出張リペアに行ってきました。

管楽器の本場フランスには、有名メーカー(セルマー・クランポン・マリゴー・ロレー等)が多数あり、修理技術も高度なものと思われがちですが、実際にはそれほど高度な技術を持ち合わせていません。以前から留学生の方々が日本に帰国の際に調整に来られており、フランスに調整に出すと良くなるどころか悪くなると言うことをよく耳にしておりました。
かねてからパリに出張リペアの機会があれば是非にという依頼が有りましたので今回思い切って行ってきました。


今回のリペアの対象はパリ在住・留学中の日本人奏者の方々です。楽器の種類はサクソフォン・オーボエ・フルート・コーラングレ。中二日間観光して、帰国当日の朝10時にすべて完了できました。
時間的にあまり余裕がありませんでしたので、次回は余裕を持って、又フランス語もしっかり勉強して、出かけたいと思います。

余談ですが、シャンゼリゼ通りを歩いていたら常連のお客様(もちろん日本のお客様です)に会いました。日本人観光客はたくさんいましたが、知り合いに出会うなんてびっくりでした。

帰国後、早速お礼のメールが届いておりましたので、抜粋して紹介させて頂きます。個人名はアルファベットに変更させて頂きました。

以下オーボエのK様より。

先日はありがとうございました&お疲れ様でした。
ほとんど観光も出来なかった?ですよね・・・
Aちゃん(オーボエ)は前までの音程が悪いのを修正していた口などの癖をとっているそうです。(その必要がなくなったから)
Hさん(フルート)は今までいかにひどい状態であったかやっと実感して、良く鳴る様になったのを喜んでました。
みんながオーボエを1年に1回でも調整すれば、3年に1回も買い換えなくて済むとすれば、フランスでのオーボエの常識も覆せそうですね。既に私の15歳のオーボエはみんなに驚かれてます
観光もしっかりしてきました。
ルーブル美術館
 
凱旋門
ベルサイユ宮殿
オペラ座







TOP営業案内管楽器修理プロフィールアクセス管楽器あれこれ中古楽器おすすめ問い合わせQ&A趣味のページ掲示板リンク海外出張リペア