管楽器技術者になるためには?

管楽器のリペア(修理)の仕事は、特に資格も検定もありません。「リペアの仕事をしています。」と言えば、それで通ります。しかし、それでお客様が修理に来て頂けるかどうかが問題です。この職業は経験が物を言う代表的な仕事です。
まず、楽器の構造を理解し(これが一番簡単)、修理業務に携われるような基本的な技術を身につけます。これが、第一歩。日本には数校管楽器修理の専門学校があります。私の場合は、専門学校でなく、ヤマハのリペアスクールと言う施設にて勉強しました。ここの良い点は、さすがメーカーだけあって、実習用の楽器がわんさかあったことです。おかげでヤマハの管打楽器すべていじりまくることが出来ました。ゴミ捨て場に行けばいろんな物が捨てあり、、、(あとはご想像に任せます。)

二歩目、ここからが本当の修行の始まりです。
きちんと直すことが出来る様になる為の経験が必要になってきます。しかも、その経験も正しく評価していただけるプロの演奏家がいなければ、無意味なものとなりかねません。当然、音響学的に奏者の希望(音程や音色)を理解できる知識も必要ですし、楽器をさわって変化する音色を聞き分けるも必要です。その上で奏者の方々を満足させることが出来るかどうかです。評価されれば、経験でき、知識もひとつ増えます。その積み重ねが最も大切です。




管楽器技術者志望者に朗報です。
今までは、ヤマハの社員およびヤマハの楽器店の従業員のみに入学限っていたリペアスクールが一般の方にも門徒を開きました。詳しくはこちらから。


メールはこちらまで。

戻る